YouTubeでゲーム実況を始めました!

フロムソフトウェア新作「ELDEN RING」のリーク情報をまとめました!

フロムソフトウェア新作「ELDEN RING」のリーク情報をまとめました!

とうとうフロムソフトウェアから最新作の発表がされた。

「elden ring」

「ELDEN RING」

元々ダークソウルシリーズのタイトルは「DARK RING」になる予定であったが、海外だと尻の穴という意味になるらしく「DARK SOULS」となった。

今回はRINGというワードを使うことができたのでフロムも報われたであろうw
前座はさておき、「ELDEN RING」の概要と最新情報を公開する。

アクションRPG「ELDEN RING」の概要

「ELDEN RING」のコンセプト

今回の作品は、ダークソウルシリーズと異なりRPGに重きを置いたアクションゲームとして制作されているとのこと。

具体的には、オープンワールドな世界観であり、ストーリーの進め方や楽しみ方の幅広さを意識している。また、内容のバリュエーションは過去の作品を含め史上最大と謳っており、かなりの自信作になる模様である。

関連画像

ソウルシリーズより多様化された進め方ができるのか…。

想像できないが相当自由なことができるのだろう。

「ELDEN RING」のストーリー

「物語は王国の騎士の失踪から始まり、プレイヤーは来るべき戦争に向け、王国を勝利に導くためのアーティファクトを探し求める旅に出る」

「elden ring」

とのこと。いかにもなRPGの展開であり、フロムソフトウェアにしては珍しくシンプルな目的となっている。

北欧神話を舞台としている

今回の作品は「デモンズソウル」や「ダークソウル」を手掛けた 宮崎英高と「ゲーム・オブ・スローンズ(Game of Thrones)」の原作者であるジョージ・R・R・マーティン(George Raymond Richard Martin)の共同作品となる。

既に、ヨトゥンがストーリーに出てくるとリークされている。

霜の巨人「 ヨトゥン 」

北欧神話というと最高神「オーディン」 、 神々の祖先「ユミル」、雷神「トール」、戦乙女「ヴァルキュリア」など、心躍る神々が登場するが、それらと戦える展開がくるのだろうか。

ダークソウルとの共通点

いくつかの大きな共通点があるので紹介していく。

キャラメイキングができる

今回、隻狼(SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE)とは異なり、キャラメイキングができる。

ソウルシリーズに寄せるコンテンツとなるのだろう。

「ダークソウル キャラメイク」

物語は三つの役職から選択することから始まる

今作は三つのクラスを選択することができる。

ロングボウを巧みに操る「ハンター」

・巨大なクラブと盾が特徴の「ウォリアー」

・魔術書で魔法を唱える「ウィザード」

この三種類から選択する。

ソウルシリーズの素性とは異なり、選ぶクラスによってストーリーや敵が異なってくるらしい。

とても重要な選択となるだろう。

「elden ring」
これはウォリアーだろうか…

敵や味方のマルチプレイ

「ダークソウル マルチプレイ」
ダークソウル3のマルチプレイ

これが一番の期待要素だろう。

SEKIROでマルチプレイが出来ず落ち込んだ人も多いはず。今回はマルチプレイ可能だ。安心してほしい。

「ELDEN RING」のまとめ

「elden ring」

現段階で開発開始から3年が経過しているらしい。

これからまだまだ情報公開がされるであろうが、リークされた情報によると発売は2020年になるとのこと。

来年とは非常に楽しみである。興味がある方は調べてみるといいだろう。それでは!

ゲームカテゴリの最新記事