YouTubeでゲーム実況を始めました!

雪山でバトルロワイアルなDarwin ProjectがPS4でリリース!ルールや世界観などを分かりやすく解説しました!

雪山でバトルロワイアルなDarwin ProjectがPS4でリリース!ルールや世界観などを分かりやすく解説しました!

2020年1月14日にリリースされてから世界中で話題となっているDarwin Project(ダーウィンプロジェクト)

dbdやPUBG、apexなどに続いて生き残りゲームの大作になる予感がするので、

世界観やルールを簡単に解説したいと思います!

10人のプレイヤーと1人のディレクターで殺し合うバトルロワイアル

舞台は北カナダのロッキー山脈

差し迫った氷河期の余興として、科学実験とエンターテイメントを混ぜた「ダーウィンプロジェクト」が開始される。

このプロジェクトでは10人の受刑者と1人のディレクターと呼ばれるゲームの支配者で行われる生き残りのゲームなのだ。

最後の1人になるまで殺し合いは終わらない。

他のプレイヤー(受刑者)に倒される心配はもちろん、極寒の地の中で火をおこすための薪を調達したり、素材を使ってブーツやコートを作る必要がある。

1試合が大体10~20分で終わるため、
イメージとしてはDead by DaylightProject Winterが近い。

プレイヤー(受刑者)の戦闘とディレクター(支配者)の役割

ゲームの概要は分かった。

次はプレイヤーの大まかなシステムと戦闘方法、ディレクターができることを説明しよう。

プレイヤーは二つの素材(木・ダーウィニウム)からアイテムを作ることができる

武器や罠、火をおこすには木材が必要である。

一方でアビリティを強化したい場合はダーウィニウムという鉱石が必要となる。

どちらの素材も、木を切ったり鹿を倒すことで簡単に入手することができるぞ。

プレイヤーは三つのクラスから選ぶことができる

攻撃手段は主に斧・弓・罠の三種類だが、

プレイヤーは特性の異なる三つのクラスから一つ選択することができる。

ジェットウィング

ジェットウィングの魅力

・空を自由に駆け回り、上空から相手を狙撃できる

・空高く飛ぶことができるため、絶壁や障害物を容易に越えることができる。

・ダーウィニウム(素材)で固定ギアを強化することで、機動性(矢の攻撃力・滞空時間・滞空スピード)を上げることができる。

高難易度な操作性で上級者向き。しかし、使いこなせば最強である。

グラップルガントレット

グラップルガントレットの魅力

・腕のワイヤーを利用して、壁や建物を素早く登ることができる

・能力によって相手をバリアに閉じ込め、有利な戦闘を仕掛けることができる

・ダーウィニウム(素材)で固定ギアを強化することで、斧の攻撃力上昇や能力再使用時間の短縮などを可能とする

圧倒的なパワー系で敵を正面から叩き潰そう。

ヘッドハンタードローン

ヘッドハンタードローンの魅力

・ドローンを活用することで、遠距離から素材を高速採集することができる

・敵の痕跡や居場所もドローンで調べることができる

・ダーウィニウム(素材)で固定ギアを強化することで、矢の攻撃力上昇や自信のスピードを上げることができる

戦況を把握し、戦略的に相手を追い詰めたい人におススメだ。

ゲームを管理・支配するディレクター

ディレクターが操作する監視ロボ

ディレクターはゲームを神の視点で見ることができ、試合を操作する役割である。

VCを盗み聞きしたりプレイヤー全員と会話できる万能の立ち位置であり、

ポイントを使うことで禁止区域を開放したり、核爆弾を投下できる。

ディレクターは試合をいかに盛り上げるかが重要になるポジションのため、

10人のプレイヤーそれぞれに公平な施しをしなければならない。

プレイヤーはディレクターを1~5ポイントで評価することができ、評価が悪いとディレクターは能力が使えなくなるため注意が必要だ。

ダーウィンプロジェクトはPC(Steam)、PS4 / Xbox one で無料配信中だ!


こんなに面白そうで綺麗なグラフィックをしているのにも関わらず、

なんと無料で遊べるオンラインゲームとなっている。

これから流行ること間違いない。

この記事を読んだ機会に是非プレイしてみてはどうだろうか。それでは!

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

PS4カテゴリの最新記事